男性のちんこの平均サイズは何センチ?小さいデメリットや改善方法を解説

男性の性の悩みで最もポピュラーなのが「ペニスの大きさ(ちんこの大きさ)」です。

思春期を迎えた頃には誰しもが抱え、成人しても今なお悩み続けている男性が多い問題です。

自身の尊厳にも関わるデリケートな部分であるため、ちんこの大きさについての悩みは周囲に相談しにくい内容です。

また、解決が困難であるのも事実。

今回の記事では、このようなちんこの大きさについて、平均サイズや小さい場合のデメリット、改善方法などを詳しく解説してまいります。

ペニスの大きさの平均は?

ペニスの大きさは「長さ」と「太さ」が計測や比較の対象となります。

「硬さ」はペニスの大きさには含まれません。

ペニスの大きさは、具体的には以下のように計測します。

ペニスの計測方法

長さ……恥骨結合部から亀頭先端までを陰茎背面で計測
太さ……陰茎中央からやや根本の外周を計測

計測時の陰茎の状態も、弛緩時と完全勃起時を明確に分けて考えなくてはなりません。

これらをもとに日本人のペニスの大きさの平均を調査した結果が以下です。

日本人男性のペニスの平均サイズ

日本人男性のペニスの平均サイズ

陰茎の長さ 陰茎の外周(太さ)
弛緩時 4.3~13.8cm 5.6~12.8cm
弛緩時
(平均) 8.1cm 8.2cm
勃起時 9.8~15.1cm 9.1~13.1cm
勃起時
(平均) 12.7cm 11.5cm

※台東製薬工業株式会社−男性器の大きさについて

ただし、この調査が行われたのは1902~1943年と古く、今日まで日本人の体格の変化を考慮すると、そのまま現代の成人男性に当てはめることはできません。

ちんこの大きさは遺伝の影響もある

顔立ちや体格が両親と似るように、ちんこの大きさについても父親からの遺伝の影響は大いに考えられます。

ちんこの成長を促すのは男性ホルモン(テストステロン)で、第二次生徴期に多く分泌されるほどにちんこは発達していきます。

ただし、その遺伝子が許容する範囲を超えた男性ホルモンの生成、または外部からの投与は、その他の身体の成長を妨げる恐れがあります。

女性が理想とするちんこの大きさは?

ちんこの大きさは男性性、男らしさの象徴と捉える男性も多く、大きければ大きいほど良いと考えられがちですが、女性側からの視点で言えばそうとは限りません。

アメリカにある2つの大学の共同研究によると、女性が長く付き合うパートナーとして選ぶちんこの大きさは、長さ・太さともに平均よりわずかに大きい程度という結果になりました。

つまり、ちんこが大きいことが女性から好まれる要因にならず、むしろ身体的特徴に限っても体重や筋肉など、男性自身がコントロール可能な部分に女性は強く影響を受けるようです。

ちんこが小さいデメリットはある?

ちんこが小さいことで考えられるデメリットは男性自身の精神的なものや、性交渉や妊娠の障害にもなる物理的なものがあります。

しかし、平均よりも小さい程度では大きな問題になることは、ほとんどないと考えていいでしょう。

パートナーからもたれる印象が気になる

ちんこが小さいことは、女性から頼りない印象を持たれるのではないかという心配、または自身が恥ずかしく思う原因になります。

ただし、異性からの印象を気にするというのは女性側からでも同じことです。

例えば、胸の大きさを気にする女性の場合とそれほどの違いがありません。

相手を満足させられないのではないかという心配もありますが、セックスは陰茎の大きさだけで決まるものではなく、むしろ関係性や技術でカバーできるものだということを理解しましょう。

大きさばかりを強調してくるような男性は、ベッドの中で思いやりに欠け、嫌がられます。

人間は感情の生き物ですから、己の肉体に頼ったパフォーマンスではなく、心に寄り添った関係性のなかで育む時間の方が、お互いに満足のいくセックスになります。

包茎や早漏がおきやすくなる

ちんこが小さいと、包茎やそれに伴い早漏になる可能性が高いとは言えます。

ただし、包茎についても勃起時に亀頭が露出する仮性包茎であれば性生活においては、何ら問題はなく、早漏もトレーニングなどで改善可能です。

精子が卵巣にたどり着けない可能性がある

ちんこが小さいせいで、精子が卵巣にたどり着けず不妊の原因になる可能性もないとは言い切れません。

しかし、日本人成人女性の膣の大きさの平均は8〜10cm。

性交渉時にはそこから収縮をします。

対して、成人男性の健康な精子は17〜20cm程度の距離を泳ぐ運動能力を有しているため、ほとんどの場合、膣内で射精できれば卵巣へと届く可能性があると言えます。

男も妊活に積極的になろう!男性が原因の不妊を改善する3つの方法
2020.5.22
妊活は女性だけの話じゃない!男性もするべき不妊の改善方法とは? 妊活が上手くいかない、不妊の状態が長く続いていると悩んでいる方の中には、不妊の原因は女性にばかりあると考えている方が…
ペニスを大きくする方法

遺伝や第二次性徴期の頃の習慣に強く影響を受けるちんこのサイズですが、ちんこを大きくするための方法がないわけでもありません。

ちんこを大きくする方法

トレーニングをする
精力剤・サプリメントを服用する
日常生活を見直す
手術を受ける

日常にすぐに取り入れられるものもあれば、手術などリスクを伴う手法もあります。

精力剤やサプリメントの服用は成分と効果はどんなものか、副作用はないかなどを詳しく把握しておく必要があります。

おすすめサプリメント一覧

バラグアゴールドα←おすすめ
シトルリンDX
七宝人参
アガリクスα

どうしても気になる場合は医師へ相談しよう

ちんこの大きさが平均よりも大きくかけ離れている、陰茎の発達や陰毛の成長など第二次性徴が遅いなどという場合は何かしら先天的な原因がないとも言えません。

どうしても気になるときは、悩まず泌尿器科や内分泌内科などに相談しましょう。

おすすめクリニック一覧

エーツー美容外科←おすすめ
ABCクリニック
メンズサポートクリニック
皐月形成クリニック

まとめ

ちんこの大きさは、男性の性の悩みの代表的なものです。

長さと太さが主な計測の基準となりますが、日本人では勃起時で長さ12.7cm、外周11.5cmが平均です。

しかし、これら平均よりも小さいからといって、パートナーに引け目を感じたり、生殖機能を心配する必要はありません。

女性のセックスの満足はちんこの大きさだけで決まるものではありませんし、仮に生殖機能に問題があったとしても、サイズはあくまで可能性の1つ程度のものです。

平均サイズよりも極端に小さかったり、発達に著しい遅れが見られるなど、どうしても気になって仕方がない、という場合であれば医師に相談するのがいいでしょう。

おすすめの記事