短小改善する方法!小さいちんこの基準と短いちんこを伸ばす方法とは【租チン卒業】

こちらでは短小改善する方法について解説します。

男性のちんこの悩みとして深刻なのが短いちんこですが、実はある程度努力して改善することができる場合があります。

私自身、社会人になってから4cmほどのサイズアップに成功しています。

なのである程度努力すれば、短小を現状よりも良くすることは可能ので、しっかりと頑張っていきましょう。

短小の明確な定義は存在しない 目次

まず最初に短小の定義ですが、実は明確な短小の定義は存在しません。

なので自分なりに複数の定義を調べてみて、検証をしてみることにしました。参考になれば幸いです。

日本人男性の平均サイズは13.56cm
勃起時に7cm以下の場合は小陰茎症(マイクロちんこ)
自分自身の目で確かめてみることを推奨します。

1.日本人男性の平均サイズは13.56cm

 

まず最初にですが、日本人男性のちんこの平均サイズは13.56cmとされています。

これはオナホメーカーで有名なTENGAが、50万人のちんこのデータを元に算出しました。精度の高いデータです。

このサイズよりも明らかに小さい場合は、短小と呼んでも良いのではないしょうか。

10cm未満だと短小だと考えてみても良いのではないでしょうか。

2.勃起時に7cm以下の場合は小陰茎症(マイクロちんこ)

小陰茎症(しょういんけいしょう) または マイクロちんこ (micropenis) は、遺伝子異常のクラインフェルター症候群やホルモンバランスなどの影響で、陰茎が平均サイズより著しく小さい又は小さくなる疾患である。

勃起時に7cm以下の場合は、小陰茎症(マイクロちんこ)と呼ばれます。

この場合は性行為に支障が出るため、疾患として認識されています。この場合は短小という言葉を用いるべきではないと感じます。

そして速やかに病院に行きましょう。ここで紹介する方法は小陰茎症には効果的ではありません。

幼少期であればホルモン治療という選択肢があるのですが、成人のマイクロちんこの場合は手術という選択肢しかありません。

短小がもたらすデメリットとは

続けて短小がもたらすデメリットについて解説します。

短小には以下のようなデメリットが存在しており、ちんこのサイズアップを強く推奨したい理由となっています。

女性を満足させづらくなる
女性のポルチオ性感を刺激できない
男としての自信の喪失
セックス時の体位の選択肢が減る
それでは解説していきましょう

1.女性を満足させづらくなる

5cm:2.0%
6cm:2.1%
7cm:2.2%
8cm:3.1%
9cm:1.8%
10cm:15.1%
11cm:1.3%
12cm:7.9%
13cm8.3%
14cm:3.5%
15cm:26.1%
16cm:4.0%
17cm:3.1%
18cm:6.9%
19cm:0.4%
20cm:7.6%

太さ、長さともに平均値を計算すると、理想の男性器のサイズは太さが3.3cm、長さが13.7cmとなる。

出典:女性調査「理想の男性サイズ」は15cmの回答最多│NEWSポストセブン

まずは女性を満足させづらくなる点でしょう。

女性が理想としているちんこのサイズを調べたデータがあるのですが、一番多かったのは15cmであり、次点は10cmでした。

この点から考えても理想は15cm。最低でも10cmは欲しいということになりますね。

2.女性のポルチオ性感を刺激できない

ポルチオ(ボルチオ)の位置

また女性のポルチオ性感を刺激しづらいというデメリットもあります。

女性のポルチオの位置は個人差があり、7~12cmほどと言われています。そのためある程度ちんこの長さは必要です。

このポルチオは女性に強い快感を与える性感帯であり、何度も女性イかせることが可能です。

ここを刺激するにはちんこが長い方が有利であるため、やはりある程度の長さは必要だと言えます。

3.男としての自信の喪失

男としての自信を喪失してしまう点も問題です。

ちんこは男の顔と言っても過言ではなく、立派なちんこであればあるほど、男としての自信が高まるというものです。

しかしちんこサイズに自信が無いと、男としての自信もなくなってしまいます。

そのためちんこの大きさは超重要であるといえます。自分のちんこに自信がない人は増大にチャレンジしてみましょう。

4.セックス時の体位の選択肢が減る

またセックス時の体位の選択肢が減るのもデメリットです。

ちんこが短い場合は、寝バックなどの特定の体位がしづらくなります。場合によってはほぼできないケースも存在します。

そのため正常位しかできないというケースもあります。

セックス時の選択肢が減るのは深刻な問題であり、何とかしなくてはいけないなと感じます。

短小改善になるメカニズムは海綿体の増大にあり

ちなみに短小を改善するメカニズムですが、それは海綿体の増大にあります。

海綿体はちんこ内部のスポンジ状の組織であり、ここの大きさによってちんこのサイズが決定します。

そしてこの海綿体は力強い勃起を繰り返すことで、増大していきます。

ちんこのサイズアップをしたい場合は、勃起力を上げてこの海綿体を大きくすることを意識しておくと効果的だと感じています。

自宅でもできる短小を改善する方法4選

続けて自宅で短小改善をする方法を紹介します。

ちんこのサイズに真剣に悩んでいる方は、是非ともご覧になってみてください。

ちんこ増大サプリ
チントレ(ジェルキング)
PC筋トレーニング
生活習慣・食べ物の改善
私がサイズアップに成功した方法も紹介しています。

1.ちんこ増大サプリ

最初はちんこ増大サプリを飲むという方法です。これはかなりおすすめです。

私が効果を実感したのはこのちんこ増大サプリですし、3か月間継続することで2.4cmほどのサイズアップに成功できました。

ちんこのサイズ以外にも勃起力向上、絶倫度アップ、性欲向上、自信増大などの効果が期待できます。

個人的には一番推奨したい方法です。

メリット デメリット
安全に短小改善を目指せる
個人差はあるが1~2cm増大可能
長さ・太さ・硬さなどをまとめて強化可能
短小改善には3か月ほどかかる
総額で3万ほどの費用がかかる
確実に大きくなるわけではない
ただしメリット、デメリットも存在します。安全に短小改善ができますが、ある程度の期間を要することは覚えておきましょう。

2.チントレ(ジェルキング)

続けてお勧めしたいのはチントレです。その中でもジェルキングを推奨します。

ジェルキングには歴史があり、1970年代後半から研究されているエクササイズです。

1970年代後半に、イギリスのブライアンリチャーズ博士によって包括的な研究がなされた。半勃ち状態のちんこを搾乳する要領でマッサージを行うエクササイズで増大効果が期待できると言われている。

 

半立ち状態でエクササイズをして、海綿体の増大を促してちんこの太さと長さをアップします。

具体的なやり方に関しては、以下の手順を参考にしてみてください。

ローションを使用してちんこを刺激して半勃起状態にする
右手の親指と人差し指でOKサインを作る
ちんこの根元からカリの方へ向けてスライド(1ストローク)
右手を離して、今度は左手の手でOKサインを作る
左手も同様に根元からカリにスライドさせる
2~5の動作を繰り返す
ストローク20回を1セットとして、1日3回行う

ジェルキングの動画を見つけたので、紹介したいと思います。

ちなみにジェルキングには以下のようなメリット、デメリットが存在します。

メリット デメリット
お金がかからない
他の増大方法と併用しやすい
短小改善効果はやや弱め
毎日チントレをするのは大変
効果が出るまで3か月かかる
お金がかからない対策というのは魅力ですが、効果が出るまで時間がかかる点はデメリットです。

先程紹介したちんこ増大サプリと併用すると効果的ですね。

3.PC筋トレーニング

PC筋トレーニングは短小改善にも効果的です。

PC筋は勃起時の血液を塞き止めている筋肉であり、ここを強化することで力強い勃起をサポートすることが可能です。

具体的な手順に関しては以下の通りです。

肛門を5秒間かけてゆっくり引き締める
その状態を5秒間キープ
肛門を5秒間かけてゆっくり開く
10秒休憩してこの動作15回ほど繰り返す

ちなみにPC筋トレーニングの動画はこちらです。

ちなみにこのPC筋トレーニングのメリット、デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
無料で行うことができる
他の増大方法と併用しやすい
勃起持続力が向上する
短小改善効果は弱い
毎日実施するのはそれなり大変
短小改善効果は弱めなのですが、無料で行える点は好ポイントです。

4.生活習慣・食べ物の改善

続けて生活習慣の改善を行うという方法です。

これ自体には短小改善効果はあまりなく、あくまで力強い勃起をサポートするために必要なことだと言えます。

以下のようなことを意識しておきましょう。

規則正しい生活を送る→毎日同じ時間に食事や睡眠を取るようにする
十分な睡眠を取る→1日7時間の十分な睡眠を取る
適度な運動を行う→血行を良くしてストレス発散して、勃起力向上を促す
食生活を改善する→主食、主菜、副菜のバランスを意識する
過度な飲酒は控える→過度の飲酒は勃起力低下につながる
禁煙する→タバコは血流を悪化させて、勃起力を低下させる
これらの改善を行うことで、短小改善を行うための土台が出来上がります。

他の方法と組み合わせることで初めて効果を発揮します。メリット、デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
基本的に無料で実施できる
健康的な生活を送れる
他の増大方法と併用できる
生活習慣だけで短小改善は難しい
基本的には他の方法と合わせて実践するようにしましょう。

短小改善に効く食べ物を食べてみるのも有り

また短小改善に効果的な食べ物を摂取する方法もあります。

自分は意図的にこれらの食材を食べて、勃起力を高めるようにしています。

スイカ→L-シトルリン量が非常に多い。1/7玉で1日推奨量の800mg摂取可能
メロン→スイカほどではないがL-シトルリンが多い。ウリ科の植物はシトルリンが豊富
牛肉→肉類の中で一番L-アルギニンが多い。ビーフジャーキーにもアルギニンが多い
牡蠣→亜鉛が非常に豊富。加熱すると亜鉛の摂取効率が上がる
スイカやメロンに含まれるL-シトルリン、牛肉に含まるL-アルギニン、牡蠣に含まれる亜鉛はちんこ増大サプリに含まれる栄養素です。

これらの栄養素を摂取することで、短小改善のサポートが出来ます

 

おススメの増大サプリ

BRAVION S.
テンザーゴールドプレミアム
Apsorusin(アプソルシン)
バラグアゴールドα
レガリア200

おすすめの記事