女性は包茎の男性をどう思う?

時代や国によって、性風俗に対する意識は異なります。
では、包茎について、現代日本の女性はどのように感じているのでしょうか。
ここでは、包茎手術の医学的必要性は無視して、ひたすら風俗的、心理的な側面から考えてみます。

彼氏、旦那のチ〇コが包茎だったとして、女性はそれをどう思うか?

これを考察するには、真性包茎や仮性包茎を一緒くたにするべきではないでしょう。

真性、かんとん包茎の場合

まず、多くの場合、亀頭の発育が抑えられる傾向にあるので、チ〇コとしての逞しさ、魅力に欠けます。
また、いつもジメジメしていてチンカスが溜まりやすく、細菌の分解も働き、異臭を放つ傾向になりがちです。
納豆好きでさえ、放置された納豆の容器の臭いには辟易させられることを考えれば、包茎男性のチ〇コの異臭は相当のデメリットと言えるでしょう。
マスタべーションの頻度の多い男性ほど、悪臭はひどくなります。かと言って、マスタベーションをあまりしない男性は、ますますペニスの発育が抑制され短小のままになりがちです。
簡単に言えば女性にモテる要素はゼロだということです。
このタイプの場合は、仮にすでに付き合っている段階、結婚している段階だとしても、パートナーにとって、彼氏、旦那のチ〇コは耐えがたい対象と映っているのは、ほぼ間違いないでしょう。
概念を知っているいない以前の問題なのです。

仮性包茎の場合

これには、勃起しても亀頭が完全に露出しないタイプと、勃起したら亀頭が完全露出するタイプに分かれます。
そして、前者の勃起しても亀頭が完全に露出しないタイプは、ほとんど真性・かんとんと変わらず、デメリットのみとなります。
そこで、仮性包茎の考察は、勃起したら剥けるのだが普段はいつも被っているタイプということになります。
包皮による発育の萎縮効果は完全に解除されていますので、その点のデメリットはありません。
仮性包茎の人と自然に剥けている人との間では、ペニスの大きさの差はほとんどないはずです。
ではデメリットはないかというと、やはり日常被われているため、自然に剥けた男性と比べて早漏に悩む人の数が多いことが挙げられます。
また、日中頻繁に洗う訳にもいかないことから、特有の異臭の悩みは付きまといます。
真性やかんとんの人ほどではありませんが、やはり包茎手術を受けることのメリットは大きいものと言えるでしょう。

男同士の間に生じるコンプレックスと手術によるメリット
また、実際のパートナーである彼女や妻がどのように見ているかを別にしても、同性の男同士の間では、包茎であることは間違いなくコンプレックスの原因になります。これは、歴史的に積み上げられる文化を背景として形成された意識レベルの問題であり、本人が気にしないようにすればすむという類の問題ではありません。
このように考察してくると、包茎手術というのは、よき外科医によりなされる限りは、計り知れないメリットに満ちた手術であると言えるのではないでしょうか。

おすすめの記事